パパ活で効率よくお金を稼ぐ方法

パパ活攻略ガイド

高校生がパパ活をするリスクについて

パパ活をしようと考えている高校生の皆さんに読んでほしい記事を書いてみます。

パパ活ですが、最近はインターネットでも話題になってきており、SNSやお友達で活動をしている女の子も居るかもしれません。

男性とデートをするだけでお金を稼ぐ事ができる。

インターネットやSNSなどでは、一見手軽で手っ取り早くお金を稼げる方法のように書かれている情報サイトも沢山あります。

そのような一見お手軽そうな情報を見て、大学進学のためにお金を稼ぐために活動をしてみたいなと思っている学生さんも、中にはいるのでしょうか?

学費のためにパパ活でお金を稼ごうと考えている女の子のために、あらかじめパパ活のリスクについてご紹介しておこうかと思います。

(※パパ活サイトなどは法律で18歳未満の利用が禁止されてます)

勉強時間が削られるリスク

パパ活女子としての活動は、理想的なパパを見つけるまでにかなりの時間を費やすのが一般的です。

パパ活サイトに登録したり、パパが居そうな場所で趣味を始めてみたりしてパパ候補を見つけていきます。

そしてデートをしたり食事に行ったりして、相手が自分にとってのパパになってくれるかの見極めをします。

人によっては、何十人もの男性とデートをしてます。

デートも夜だけのお食事デートや、1日中をつかったデートなど、拘束される時間はかなりのものでしょう。

学生さんの場合は、本業は学業のはずです。

その時間が大きく削られてしまうリスクがある事を承知してください。

できれば高校生などの若い女性には、あまりパパ活をお勧めできないのがこれらが理由です。

大学生になれば授業などは融通がききますが、高校生はしっかり決められたスケジュールで毎日勉強していると思います。

ですので学生で、ましてや高校生がパパ活をするのは、自分自身の学業の時間を削られてしまうリスクがあることを知りましょう。

パパ活だけの稼ぎで進学は難しい

進学するための費用のために、学生のうちからパパ活をしようと考えている場合は、冷静になって進学に必要な費用を良く考えてみましょう。

大学入学に必要な費用は数百万からになりますが、パパ活のみで進学費用を捻出しようと考えると、並大抵の労力ではかないません。

デートの数もそうですし、お金を持っているパパを見つけるまでに、沢山の男性とお付き合いしないといけないでしょう。

本来は勉強して大学に進学するためにパパ活をしているのに、パパを見つけるために勉強がおろそかになってしまうというような、本末転倒な事態になる事もあり得ます。

パパ活は、その労力に見合うだけの金銭を必ず得られるとは限らないのです。

それであれば奨学金などを利用して大学進学し、その返済のためにちょっとした生活のプラスとしてパパ活を利用するほうが賢い選択かもしれません。

目的を見失いがちに

学生さんがパパ活をする事をあまり奨励していないのは、これらのように目的と手段が逆転してしまい、本来自分が何をすべきなのかを見失ってしまう人がとても多いからです。

進学するためにお金を稼ぎたい!と考えてパパを見つけるためにキャバクラに入ったのに、いつの間にか夜の仕事にどっぷり浸かってしまい、進学をあきらめてしまったりする人はとても多いです。

よほどの意志がない限り、進学のための金策として学生さんがパパ活をするのはあまりお勧めできません。

このようなリスクがある事を理解しましょう。

ページの先頭へ戻る ▲